ページを選択

enEnglish (英語) frFrançais (フランス語) deDeutsch (ドイツ語) itItaliano (イタリア語)

国際新体道

新体道

日本武道の豊かな伝統の中から1960年代に創設された新体道は、深遠で難解な慣習から解放する反文化的な体技として提示されました。 新体道の基本の動きが大きく、柔らかくそして非常に自由な動きなのは、新体道の起源が日本の伝統武道であることの典型です。 それ以来、これらの新体道の動きは、フリーハンドテクニック(空手、投げ技)、スティックファイティングテクニック(棒術 / 杖術)、刀テクニック(木刀、木剣、真剣)、そして瞑想のテクニックなど、さまざまな格闘技を再設計してきました。 これらは、各々が現代武術として独立しているので、一つ一つを別々に専門分野として稽古できます。さらに、これら各々の専門分野は特定のそして重要な関係によって他のものと結ばれているので、 全体的には真にホーリスティックなものとなります。

組織

新体道は主に日本、ヨーロッパ、そしてアメリカ合衆国において稽古され、新体道の指導員は国際新体道プロジェクトの元に統括されています。

このサイト

このサイトには、国際新体道プロジェクト(ISP)の仕組みや運営方法を説明した文書、講師のリスト、そして地元の新体道グループへのリンクが掲載されています。